【新型コロナウイルス:相場激変】ナンピン系EA月間実績(2月)

 

2月は新型コロナウイルスによる荒れた相場展開となりました。

 

2月上旬は米国の経済指標の良さで、ダウ高値更新の流れでドル円は112円台まで急伸。

 

その後は、新型コロナウイルスにおける市場のリスク感が高まり、米国国債の金利が下がり(安全投資先の国債へ資金が逃げている)ダウは大幅下落。

 

そしてドル円も連動して再度108円台へ大幅下落。

 

荒れた相場展開となりました。

 

自動売買も裁量取引もハラハラドキドキの1か月であったことと思います。

 

【新型コロナウイルス:相場激変】ナンピン系EA月間実績(2月)

非常に荒れた相場展開の中、自動売買EA 人気のサーフィンEAとランドクルーザーEAの実績を公開します。

 

EA愛用者の方から、日頃の実績公開が非常に参考になる旨の応援メールも沢山頂きました。

ありがとうございます。

 

公開内容を調整しながら、出来るだけ有益な情報をお伝えできるようにしたいと思います。

 

今回は月間実績として2月分を掲載します。

 

では早速見ていきましょう。

自動売買 ナンピン系EA【無料】月間実績(2020年2月)

① 申請件数No.1「サフィンEA]

○ 2月実績(0.2ロット運用)

2月の利益:51,992円

【1月:66,175円】

【12月:62,325円】

【11月:67,933円】

10月:95,855円】

 

2月はドル円のレンジブレイクにおける上昇で、決済出来ない日が続きました。

 

資金管理で耐え忍び無事決済に持ち込みました。

 

結果的には、急伸分を超える下落となりました。

 

2月実績としては、結果的に決済回数が少なく、利益の少ない1か月となりました。

 

何よりナンピン系EAとしては厳しい相場展開で、リスク管理や対処法、今後の方針などの勉強になる1か月となったとも言えます。

では、次にランドクルーザーEAを見てみましょう。

 

② 申請件数No.2「ランドクルーザーEA」

 

○ 2月実績(0.2ロット運用)

2月利益:52,215円

【1月:73,216円】

【12月:55,292円】

【11月:63,805円】

10月:64,695円】

 

ランドクルーザーEAはサーフィンEAと違うタイミングで相場入りするのですが、さすがにドル円の112円台への急伸で、同じく決済までに時間のかかる展開となりました。

 

最近の相場の急落で、上手く決済に持ち込めましたが、1か月間での利確回数が少なく、同じく利益的には大きくは稼げない1か月となりました。

 

それでも、この荒れた相場展開の中、上手く資金管理を行い無事決済に持ち込めた点は良かったです。

 

最近の相場状況を受けての考察

最近の稼働状況を受けて、考えること。

 

このEAは設定を色々カスタマイズ出来るように作っています。

 

実際にEA愛用者の方で、色々バックテストや実践を通してカスタマイズして稼働されている方も多くいます。

 

そんな中で、メールで情報提供をしていただける方もいらっしゃいます。

 

非常に参考になる設定内容をされている方の情報を共有したいと思います。

 

ナンピン倍率とナンピン幅を変えるのも有効説!

人気ナンピン系EAのサーフィン、ランドクルーザー共に、現在の推奨設定は下記の通りです。

・ ナンピン倍率2倍

・ ナンピン幅1回目15pips

・ ナンピン幅2回目以降30pips

 

この人気ナンピン系EAは色々カスタマイズ出来る点が人気の要因の一つでもあります。

 

実際のEA愛用者の方からの声としても上がっているのですが、ナンピン倍率とナンピン幅を調整して上手くいっているパターンもあります。

 

そこで参考までに紹介させていただきます。

 

<カスタマイズ設定例>

・ ナンピン倍率1.36倍

・ ナンピン幅1回目15pips

・ ナンピン幅2回目以降15pips

 

上記の内容をバックテストを行ってみました!

 

【バックテスト内容】

期間: 2019年9月9日(月)~2020年2月28日(金) 半年分

証拠金:60万円

ロット:0.2ロット

利確:1,500円

上限ナンピン回数:7回

ナンピン倍率とナンピン幅:上記カスタマイズ設定

 

利益52万円(6か月で60万円が112万円:月利約14%)

(最大ドローダウン53万円)

 

バックテストデータではありますが、最近の急伸、急落相場にも耐えています。

 

本来は稼働のオンオフなどでリスクを抑えると、最大ドローダウンなどもある程度抑えることが出来たと想定出来ます。

 

なかなか良い設定ですね!

 

いわゆる、ナンピン幅を短くする分、ロット倍率を抑えてリスクを抑えています。

 

バックテストで試してみましたが、上限ナンピン回数は7が良い結果が出ました。

 

このようにEAの設定内容をバックテストを行いながら、自分流のEAにカスタマイズして稼働するものオススメです。

 

まとめ

人気のナンピン系EAのサーフィンとランドクルーザーの2月実績を、ご要望の声にお応えする形で掲載させて頂きました。

 

今回の荒れた相場で、一部口座では厳しい結果につながるものもありました。

 

相場は絶対ではないので、日頃のリスク管理や、ロットを抑え気味に設定することの大切さなどを感じる1か月でした。

 

また、EAの設定項目を色々見直したり、複数口座で設定を変えて稼働するのもリスク管理につながり良い戦略だと思います。

 

現在は不安定な相場展開ですので、無理せず稼働のタイミングを見ていきましょう。

 

 

今回実績公開しました2つのEA【無料】の申請は、下の記事よりXMスタンダード口座を作成の上、申請してください。

自動売買ツール 新作 ナンピン系EA【無料】の提供スタート!

自動売買ツール 新作 ナンピン系EA【無料】の提供スタート!

 

更なるカスタマイズ性の高い新作EA【Droneドローン】は下記の記事をご覧ください。

【新作】ナンピン系自動売買ツール配布スタート!【Drone ドローン】

【新作】ナンピン系自動売買ツール配布スタート!【Drone ドローン】

 

一緒によく読まれている記事3つ

VPS Windows サーバー比較 分かりやすい開設案内(図解)

自動売買ナンピン系EA【無料】の口コミ・評判は!?

最強のFX自動売買ツール(無料)EAはコレだ!