MT4 自動売買EAを複数設置する方法 VPSメモリ容量に注意! 

今回は自動売買ツールEAを稼働させるXMのMT4を複数設置する方法を解説します。

 

今回解説する方法は、XMだけでなく他のFX会社のMT4を複数設置する場合も同じですので参考にしてみてください。

 

「人気のナンピン系EAを複数口座で設定を変えて稼働したい!」

「ナンピン系EA(単利)と非ナンピン系EA(複利)の2種類のEAを稼働させたい!」という声を多くいただきます。

 

そういった場合、同一のPC(VPS)で複数のMT4を設置して稼働させる必要があります。

やり方を覚えると、とても簡単に複数のMT4を設置、稼働出来るのでやってみましょう。

 

mklife

私も複数のMT4を設置して、それぞれのEAが毎日せっせと働いてくれています。

複数のMT4を稼働させることはリスクヘッジにもなるし、なにより複数でより多く稼いでくれるので楽しみ倍増です。

1つのPC(VPS)にMT4を複数設置する方法

先ずMT4の設置に関しては、ご自宅のPCではなく、必ずVPSのレンタルサーバーを契約して、そこにMT4を設置するようにしましょう。

自動売買のEAを稼働させる為の環境として、VPSは必須だと思っていた方が良いです。

その点については下の記事で確認してみてください。

VPS Windows サーバー比較 分かりやすい開設案内(図解)

① 既存のMT4ファイルの名前を変えましょう。

先ずは上図の通り、既にインストール済みのXMTrading MT4のショートカットがあると思います。

このXMTrading MT4を右クリックにて名前の変更から、下図の通り分かりやすく(1)追加します。

 

自分で分かりやすいように、どのような名前にしても大丈夫です。 名前を変えることが目的です。

口座番号やEA名を入れても区別しやすいかもしれませんね。

② 新たにXMのMT4をダウンロードします。

XMのホームページからhttps://www.xmtrading.com/jp/mt4 プラットフォームのPC対応MT4をダウンロードします。

 

ここで大事なのは【次へ】ではなく、一番左の【設定】ボタンを押すことです。

そうすることで、下の画面が開きます。

 

ここで、上段のインストールフォルダの名前を追加します。

例えば下のように(2)と追加で入力します。

※ 既存のMT4の名前を(1)に変えているので、今回インストールするものを(2)としている訳です。

 

(2)と追加して入力した後に【次へ】ボタンを押します。

この後はいつも通りの流れです。

 

インストールが始まり、「おめでとうございます!お待ちしていました」と出ましたら【完了】ボタンを押します。

 

完了ボタンを押すと、下のようにインストールしたMT4が自動で立ち上がります。

 

ご自身の口座のサーバーを選んで(例:XMTrading-Real 37)

既存のアカウントのログインパスワード情報を入力して【完了】

 

これで同じFX会社で、新たなMT4のインストールが完了し、EAの設置が出来るようになります。

 

③ 新たにダウンロードしたMT4アプリケーションの名前を変える。

MT4を閉じると、デスクトップに新たに追加されたXMTrading MT4のショートカットが出来ています。

※ 最初にあったMT4とは別に2個目のショートカットが出来ています。

今回インストールした2つ目のMT4の名前を変えましょう。

右クリックして名前の変更、そして今回は(2)をつけましょう。

勿論、好きな名前で結構です。

 

いわゆる、このショートカットアプリの名前を変えること、インストールする時に名前を追加して変えること、この2点をすることによって、複数のMT4をインストールしてEAを稼働させることが出来るのです。

 

この2点の名前を変えずに、同じFX会社のMT4を複数インストールすると、最初のMT4の上書きとなってしまい上手くいきません。

やり方を覚えると非常に簡単です。

 

是非、やり方を覚えて、色んなタイプのEAをポートフォリオとしてMT4を複数設置出来るようになりましょう。

 

インストールフォルダの確認

これは特に確認する必要はありませんが、名前を変えた複数のMT4が間違いなく別のファイルとしてインストール出来ているか見てみましょう。

 

ファイル⇒PC⇒ローカルディスク(c)⇒Program Files(×86)をチェック

すると、間違いなく名前を変えたMT4が複数インストール出来ているのが確認出来ます。

 

 

MT4を設置する数に制限はあるの!?

さて、MT4の複数設置が出来るようになると、今度は疑問に思うのは、いくつのMT4を設置してEAを稼働させることが出来るのだろう!?となってくると思います。

 

多くの人がメモリ1GBのVPSを契約していると思います。

 

mklife

ちなみに私は最初ABLENETの1GBが安いので契約していました。

その後は複数のEAを稼働させる為、メモリ2GBへと増設しています。

 

メモリ1GBだとMT4を3~4個程度を目安にすると良いと思います。

人によっては10個まで動かせるという方もいますが、もしメモリオーバーで不具合が出ると非常に危険です。

 

EAによってはチャート1枚ではなく4枚や6枚の通貨にEAを設置するものもありますので、一概にMT4の数だけでは判断できません。

5個以上のMT4やEAの設置が5個程度になると、契約しているメモリの増設(1GB⇒2GB)や、新たにVPSを契約することを考えた方が良いです。

 

VPSの契約自体は月間数千円ですので、リスクを抑える為にも2GBでの契約や、複数のVPSを契約して安全にMT4を稼働させましょう。

 

あるブロガーの記事を拝見していると、VPSへリモートコントロールでつなぐと、MT4の設置のし過ぎで、画面がぐちゃぐちゃに乱れていたようです。

そして、MT4が稼働しておらず、大きな損害を被ったと書かれていました。

 

大切な資金ですので、メモリオーバーによる被害だけは避けたいものです。

 

mklifeおすすめのVPSはABLENETです。

VPS Windows サーバー比較 分かりやすい開設案内(図解)

 まとめ

今回は1つのPC(VPS)へXMのMT4を複数設置する方法を解説しました。

この方法は、どのFX会社のMT4でも同じ方法で出来ますので、しっかり覚えてMT4を複数インストールして、ポートフォリオを組めるようにしましょう。

 

多くのMT4、複数のEAを稼働させることによりリスクヘッジが組めます。

単利のナンピン系EA、そして複利で非ナンピン系のEAやスキャルプタイプのEAなど、複数のEAでリスクヘッジしながらしっかり稼ぐのが賢い運用法といえます。

 

また、複数のMT4を稼働させる際に、VPSのメモリ状況には注意を払って、メモリの増設や、最初から2GBで契約するのも良いと思います。

もしくは安い1GBのメモリで複数VPSを契約していくこともしっかり考えましょう。

 

mklife
私のおすすめのVPSはABLENETのWin2SSD メモリ2GB(3Core)です。
もしくは1GBで契約して、MT4の数が増えてきたら、再度1GBでもうひとつ契約もありだと思います。(価格的には同じようなものです)

 

一緒によく読まれている記事3つ

自動売買ツール 新作 ナンピン系EA【無料】の提供スタート!

自動売買ナンピン系EA【無料】の口コミ・評判は!?

FX自動売買ツール 新作ナンピン系EA【無料】の実績(9月9日~20日)