【両建て稼働】絶好調!両建て稼働の設定方法を解説します!

最近の相場はコロナショックを受けて非常に荒れた相場と言えます。

 

1日のボラティリティーが高く、上にも下にもよく動いている状態です。

 

ナンピン系の自動売買では、このような荒れた相場では、無理して稼働しない方が良いとも言えます。

 

そんな中でも、開発者としては自ら荒波の中でも稼働させています。

 

勿論、証拠金は余裕を持たせています。

 

さて、稼働状況としてはドル円1分足のチャート2枚を使った「新設定&両建て稼働」が絶好調で利益を叩き出しています。

 

最近は、この人気ナンピン系EA愛用者の方も、両建て稼働の設定に切り替えて稼働されている方が圧倒的に増えてきました。

 

そこで今回は、この新設定&両建て稼働の設定方法について解説します。

 

ちなみに両建て稼働と言っても、XMの両建て禁止ルールには、全く該当しませんのでご安心ください。

 

実際のトレードは、買いか売りかのトレードで利確を繰り返すことが大半です。

 

相場の状況により、買いポジションをナンピン中に、エントリーロジックとして売りポジションが立って利確を目指したり、逆に売りポジションをナンピン中に、買いポジションが入って利確を目指してくれたりします。

 

表現上、両建て稼働という呼び方をしているだけです。

 

では、早速この驚異的な利益を安定的に叩き出しています、ナンピン系EA【無料】サーフィンEAとランドクルーザーEAの設定方法を解説します。

 

【両建て稼働】絶好調!両建て稼働の設定方法を解説します!

では、早速この人気ナンピン系EAサーフィンとランドクルーザーの「新設定&両建て稼働設定」について解説します。

 

まず、この絶好調の利益を叩き出している設定に関するポイントをまとめます。

 

最近ブログで実績を公開しています設定内容をもとに解説します。

 

① 1つの口座にドル円の1分足チャートを2枚開いて、同じEAをそれぞれ設置します。

② 片方はオンリーロングとして設置、もう片方をオンリーショートとして設置します。

③ パラメーターの内容は、それぞれ同じ内容を入力(マジックナンバーは違う数字を入力)

④ パラメーター設定内容は、新設定内容にて稼働しています。(ナンピン倍率1.36倍)

⑤ 両建て稼働と言っても、同じロット数で両建て取引が行われる訳ではありません

(補足)

※ サーフィンEAとランドクルーザーEAを同じ口座で2枚両建てで設置することは出来ません。

 

MT4への両建て稼働設置方法

先ず、MT4への両建て稼働にする設置方法について手順を解説します。

人気のサーフィンEAを例にしてみます。

 

① ドル円1分足チャートを2枚開いてEAを設置

上記の通り、ドル円1分足のチャートを2枚開きます。

 

勿論、ドル円5分足2枚でも結構ですが、この両建て設定の口座は、1分足での取引頻度を高める設定にて稼働しています。

 

2枚開いて、それぞれのチャートに同じ「サーフィンEA」を設置します。

 

発行された認証キーは同じもので大丈夫です。

 

② 片方をオンリーロング、もう片方をオンリーショートに設定

上記の通り、EAを設置してパラメーターの入力とは別のタブ「全般」を開きます。

 

通常稼働の場合は「Long & Short」になっています。

 

それを、片方のEAは「Only Long」もう一方のEAは「Only Short」にします。

 

これで、1枚のEAはエントリーロジックでロングのタイミングのみ相場入りするEAとなり、もう一方はショートのエントリータイミングの時に相場入りするEAとなります。

 

こうすることで、ロングの買いポジション保有中でも、ショートの売りポジションがエントリータイミングでポジションが立ちます。

 

今まで、ロング(ショート)ポジション保有中の時は、逆のショート(ロング)ポジションは新規ではポジションが立たなかったのが、EAを2枚のチャートに分けることにより、別々に自動売買が行われるので、ロング保有中でもショート取引が始まったり、逆の取引も行われることになる訳です。

 

パラメーターの入力内容

両建てでの設置と共に、2つのEAにそれぞれパラメーターの入力が必要になってきます。

 

ブログで紹介しました実績のパラメーター内容を紹介します。

 

実際のパラメーターの内容をスクショにしたものです。

 

では順番にみていきましょう。

 

① 認証キー

申請いただきました口座専用の認証キーを入力ください。

 

② ロット数

0.2

証拠金30万円で0.2ロット推奨ですが、昨今のドル円相場のボラティリティーを考えると5倍程度の証拠金を用意するか、5分の1程度のロットと利確金額に落とす方がリスクを抑えることが出来ます。

※ ブログで掲載している実績は、証拠金5倍の150万円で稼働しています。

※ 例えば証拠金30万円の場合は、0.04ロット、300円利確設定程度がおすすめです。

 

<重要>

現在は、通常の推奨設定として上記の事例「30万円で0.04ロット、300円」とさせていただいています。

ロット数を落としても十分な利益が確保出来ます。

証拠金を増やしたり、減らしたりする場合は、上記の比率で上げたり、下げたり調整してください。

例)証拠金60万円で0.08ロット、600円利確

③ 許容スリッページ

1.0

スリッページの幅を設定します。

相場の大きな急変時に、スリッページの許容範囲として1pipsにしています。

③ マジックナンバー

お好きな数字で大丈夫です。

チャート2枚のマジックナンバーは違う数字に必ずしてください。

単純に片方を1、もう片方を2とかでも大丈夫です。

 

④ 回数

7

ナンピン回数の上限を意味します。

この場合、7つナンピンして合計8ポジションまで担ぐ設定です。

それ以上、相場が進んだ場合はリスク回避で、それ以上ポジションを取ることを制限して総ロット数を制限しています。

 

⑤ ナンピン幅【初回】

15

初回のナンピンの値幅を15pipsにしています。

これは通常設定と同じ内容です。

 

⑥ ナンピン幅【2回目以降】

15

通常の場合、ここを30にしていますが、ロット倍率を抑えてナンピン間隔を狭めています。

15pips毎にナンピンします。

 

⑦ ロット倍率

1.36

通常は2倍のナンピンマーチンのところ、倍率を下げて、その分ナンピン幅を狭め、ナンピン回数を上げています。

 

⑧ 利確

1,500

ロットを下げる場合は、同比率で利確金額も下げてください。

逆にロットをあげる場合も、同比率で利確金額も上げてください。

例)0.1ロット⇨750円  0.05ロット⇨375円  0.3ロット⇨2,250円

 

※ ロット倍率上、最低証拠金15万円以上最低ロットは0.02ロット(150円利確)での稼働をおすすめします。

 

⑨ 損切り

0

損切りを0にすることで、XMのロスカットルールに準ずる形となります。

ここに希望の金額を入れると、保有しているポジションで評価損が設定金額になると、自動的に損切り決済されることになります。

 

まとめ

今回は最近非常に評判を得ています、新設定における両建て稼働の設定方法について解説しました。

 

ドル円5分足での通常稼働と比べ、ドル円1分足での両建て稼働は、倍以上の利益が出ています。

 

参考までに、先週1週間も上記設定内容の両建て稼働は絶好調でした。

サーフィンEA両建て稼働・・・205,151円

ランドクルーザーEA両建て稼働・・・184,766円

サーフィンEA通常・・・90,670円

ランドクルーザーEA通常・・・66,900円

 

利益が出るということは、ロットと利確金額を下げてリスクをさらに抑えることも可能になります。

 

もしくは、早く元本回収を行い、元本回収後、一旦利益を出金して、リスクゼロの強気の稼働もありだと思います。

 

いずれにして、昨今のドル円相場は、コロナショックで非常に乱れています。

 

ボラティリィティーが高いということは、利益も出やすいのですが、やはりリスクも高いです。

 

利益は大変嬉しいことですが、利益を出すこと以上に、大切な資金を守るリスクを抑える観点もしっかり持っておきましょう。

 

十分な証拠金を用意するか、ロットと利確金額の設定を抑えめにしてリスクを抑えて長く利益を出していきましょう。

 

今回紹介した人気ナンピン系EAは下の記事をご覧になって申請ください。

自動売買ツール 新作 ナンピン系EA【無料】の提供スタート!

 

投資のポートフォリオとして、こちらの投資も魅力的です!

先行有利投資

ついに日本初上陸となるQubitTech(キュービテック)キュービテックは「量子技術」と「ブロックチェーン」に注目したクオンツファンドです。 この投資案件は月利25%、4ヶ月で元本回収、10ヶ月で2[…]

 

 

一緒によく読まれている記事3つ

【両建て稼働】人気ナンピン系EAの新設定は絶好調!

自動売買ナンピン系EA【無料】の口コミ・評判は!?

【基本項目編1/2】人気ナンピン系EA「サーフィン|ランドクルーザー」Q&A